スピッツ 『愛のことば』 今日のおすすめ1曲 懐かしい1曲

今日の1曲はスピッツから懐かしい1曲!

 

スポンサーリンク

スピッツ 『愛のことば』

 

収録アルバム

ハチミツ 1995.9.20リリース

1.ハチミツ
2.涙がキラリ
3.歩き出せ、クローバー
4.ルナルナ
5.愛のことば
6.トンガリ’95
7.あじさい通り
8.ロビンソン
9.Y
10.グラスホッパー
11.君と暮らせたら

 

 

スポンサーリンク

アーティスト紹介 スピッツ

Vo/Gt 草野マサムネ(1967.12.21)
Gt 三輪テツヤ (1967.5.17)
Ba 田村明浩 (1967.5.31)
Dr 﨑山龍男 (1967.10.25)

1987年Vo草野を中心に結成、1991年メジャーデビュー。

 

メジャーデビュー前はブルーハーツの影響をかなり受けており、主にパンクロックな曲が多かったが、Vo草野がライブ中に暴れたり観客をあおったりするスタイルが自分に似合わないと感じていたこともあり今のスピッツのスタイルへと変わっていった。

 

スピッツに関しては誰もが名前は知っているくらいの知名度のバンドなので、細かな説明はいらないでしょう(゜゜)
しかしスピッツがパンクな曲をやっていたとはまったく想像がつきませんね(゜o゜)(笑)
これだけガラッと方向転換したにも関わらずメンバーは結成時から変わっていないのがすごいと思います。

 

スピッツの公式HPではメンバーのプロフィール欄に各メンバーの将来の夢が書かれており、結成30年を超えてもなお将来の夢を持って活動し続けているのが素晴らしいですね(^^)
ちなみにVo草野の将来の夢は「変な曲を作りたい」だそうです(笑)

 

さて、今回紹介する「愛の言葉」についてですが
実はこの原曲はシングル化されておらず、アルバム「ハチミツ」にしか収録されていない曲なのですが、
2014年にテレビドラマ「あすなろ三三七拍子」の主題歌としてリミックスされた「愛のことば -2014mix-」が「愛のことば」が1995年にリリースされてから19年の時を経て配信限定でシングル化されました。

 

スピッツの曲は定期的に聴きたくなりますね(゜゜)
たまに聴くと懐かしい気分になるのに、曲自体はいつ聴いても時代を感じさせない不思議な新鮮さがあるのがスピッツの魅力だと思います(^^)

 

最後に、個人的なスピッツに対しての思い出話なのですが
管理人が高校生の頃、バンドを組んでまだ楽器に触ったこともない状態で「とりあえずスタジオに入ってみよう!」と初めて京都のスタジオに行ったのですが、そのスタジオの店長が気さくなおじさんで、初めてスタジオに入りドラムを触ることを話すと一緒にスタジオに入ってくれて丁寧にドラムの叩き方を教えてくれました(^.^)
そのスタジオは、「うどん屋兼ライブハウス兼スタジオ」といったちょっと変わったスタジオだったのですが、店長は自らもライブハウスでベンチャーズのコピーバンドなどでギターを演奏している方でした。

 

その後も何度かそのスタジオを利用させてもらっているうちに
ある日店長が少し自慢げに教えてくれたことなのですが…

 

 

なんと!

 

 

その店長はスピッツのVo草野マサムネのギターのメンテナンス等も手掛けたことがある方で、店長の携帯にはばっちりVo草野の携帯番号が登録されていました(゜o゜)!

 

その日からその店長を尊敬の眼差しでみるようになったことは言うまでもありませんが、
人生で初めて入ったスタジオにそんなすごい人がいて、その店長がいなければドラムについてまったくわからずじまいで、バンドに加入せず楽器に触れない人生になっていたかと思うと、
店長には感謝しかありませんm(__)m

やはりこういった人との出会いは大切にしていきたいものですね(*^^)v

スピッツを聴くと店長は元気にしてるかなぁ(゜゜)と毎回高校時代と店長を思い出します(笑)

皆さんも30年以上ヒット曲を生み続けているスピッツの曲の中に1曲は思い出のある曲があるのではないでしょうか(^^)??

 

 

ではでは、今回はこのあたりで(^.^)

今日の1曲はスピッツの「愛のことば」でした!

 

 

 

スポンサーリンク

スピッツおすすめアルバム

ハチミツ(愛の言葉収録)

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
(愛のことば -2014mix収録)

 

 

 

 

 

コメント