Nickelback 『Someday』 今日のおすすめ一曲 洋楽おすすめ

今日のおすすめ一曲はPVがもはや短編映画となっている洋楽から一曲!

スポンサーリンク

Nickelback(ニッケルバック) 『Someday』

 

PVを最後まで見たら、もう一度最初に女性が持っている新聞に注目するとPVの内容がよくわかります(^^)

 

収録アルバム The Best of Nickelback vol1

スポンサーリンク

アーティスト紹介 Nickelback(ニッケルバック)

メンバー

Vo&Gt チャド・クルーガー (1974/11/15)
Gt   ライアン・ピーク  (1972/6/25)
Ba   マイク・クルーガー (1973/3/1)
Dr   ダニエル・アデア (1975/2/19)

1996年にカナダで結成。バンド名はBaのマイクがスターバックスでバイトしていた時によく
「Here’s your nickel back.(5セントのお返しです)」と言っていたことが由来。

VoチャドとBaのマイクは兄弟であり、初代のDrブランドン・クルーガーは従兄弟にあたるが、1997年に脱退、その後ライアン・ヴィッケダールが加入するが、2005年に脱退しその後ダニエルが加入している。

Voチャドは2013年にアヴリル・ラヴィーンと結婚するも、2015年に離婚しています。

全世界で5,000万枚を超えるアルバムの売上を誇るモンスターバンドですから、洋楽に詳しい方ならもちろん知っていると思いますし、洋楽を普段聴かない人でも今回紹介する曲はニッケルバックの中でも1.2を争う人気の曲なので、バンド名を知らなくても曲は聴いたことがある!という方もいるかもしれません(^^)

かくいう管理人もそんなに洋楽は詳しいわけではなく、洋楽のオムニバスCDをいろいろ借りて聴いてみて、気になった曲について調べて知っている程度ですのでかなりミーハーだと思いますが、海外の曲でかっこいいと思う曲はたくさんありますのでミーハーなりに紹介していきたいと思います(^_^.)(笑)

ニッケルバックはゴリゴリのロックバンドでバンドサウンドで勝負!という感じではなく、歌を聴かせるような曲が多いので普段洋楽を聴かない人でも聴きやすい曲が多いのではないでしょうか(^^)

その他やはりニッケルバックの特徴としてはPVのクオリティの高さではないかと思います。
今回紹介する「Someday」曲の歌詞は今にも別れそうなカップルを表していて、
簡単に内容をまとめると

「最近険悪な状態が続いているけれどもまだやり直せる、いつか何とかして上手くやれるんだけどまだその時が来てないだけなんだ。君はその時が本当に来るのかって思ってるんだろう?」

といった内容で、おそらく男性目線から書かれた歌だと思われます(゜゜)

PVでは最初男女が部屋にいて、女性が急に泣き出し、荷物をまとめて出ていき、それを男性が追いかけるが、女性は車の運転中に事故にあってしまう。

初見ではカップルの悲劇的な別れ話の作品かもしくは、歌詞の内容を調べてみると歌詞に合わせて作られたPVなのかなと思って見てしまうのですが、実はそうではなく、
最後のシーンで最初に女性が持っていた新聞の内容がわかります。

その新聞は男性が悲惨な事故にあって亡くなったことを伝えるもので、ここで男性は亡くなっていたんだということがわかります(゜o゜)

そこで、もう一度見直してみると最初のシーンで女性が泣き出したのは二人で別れ話をしていたからではなく、彼が亡くなった事を伝える新聞を読んだからだということがわかります。

そして、よくよく見てみると、男性が彼女を追いかける際にこぼしたミルクを二人とも踏んでいるのに男性の方は足跡が残らなかったり、車のバックミラーには追いかけている男性が写っていなかったりと男性がこの世に存在していないことを示すシーンがちりばめられています。

そして車を運転する女性は事故にあってしまうのですが、ここで女性が亡くなってしまったかどうか定かでないですが、おそらく女性も亡くなってしまったことで彼と再開することができた。

というような内容ではないかと思われます(゜゜)

たった3分半ほどのPVでこれだけの仕掛けとストーリーが詰め込まれています(^^)
正直管理人は最初はかっこいい曲やなぁ(゜゜)と特にPVの内容を気にせず見ていたのですが、この曲について調べているうちにこんなストーリーのPVなんだというのを知ってかなり驚きました(笑)

 

PVが秀逸な曲

最後にNickelbackのSomeday以外のPVで良いなと思ったのを上げておきます(^^)

 

個人的に一番好きなのは最後に上げたSavin’Meです(*^。^*)
これはもうほんとにちょっとした短編映画レベルのものだと思います。
デスノートを知っている人はあるシーンが思い浮かぶと思います(^^)

さて、今回はニッケルバックの曲とPVをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか??
かっこいい曲とストーリーじかけのPVを楽しんで貰えたらと思います(*^^)v
youtubeの再生回数はどの曲も軽く1,000万回は再生回数が越えていて、中には1億の大台にのっているものもあってスケールの違いを感じさせられます(゜o゜)(笑)

 

 

コメント