半崎美子 明日への序奏 今日のおすすめ一曲 元気がでる一曲

 

今日の一曲はとても前向きな歌詞と不思議と心に入ってくるような声で勇気づけられる一曲です!

スポンサーリンク

半崎美子 明日への序奏

 

MVのアニメーションもしっかり曲のストーリーとリンクしてて思わず最後まで見てしまいますね(^^)

 

シングル 明日への序奏

2018/2/21 発売

 

スポンサーリンク

アーティスト紹介 半崎美子(はんざきよしこ)

半崎美子(はんざきよしこ) 1980/12/13

北海道札幌市出身

以下半崎美子のHPのプロフィール欄を簡単にまとめたものになります(^^)
幼少期はピアノやそろばん、バスケット、演劇などをやってみるがどれも長続きはせず、
勉強も運動も取り立てて得意とは言えないが、歌は好きで高校の学園祭の大会でドリカムの「好き」を歌い1位を獲得する。

 

北海道大学に入学するも、本格的に音楽活動がしたくなり1年で中退する。
この時、親に相談するも幼少期の習いごとが続いたためしもなく、大学を辞めて上京することに対して最後まで首を縦には振ってもらえず、親の許しを得ないまま上京することになる。
上京後はパン屋で住み込みで週6日働きながら少しづつ音楽活動をする日々をすごす。

 

何の知識もツテもなかったので、様々な場所へデモ音源を持っていき、DJのいるクラブで歌わせてもらったりしながら、活動場所を模索していたある日、レストランでピアノを演奏している「きよみっくす」という女性を目にする。

 

半崎はこの女性に「私の歌のピアノを弾いてほしい。」と話しかけるが、やはり初めは見知らぬ人から話しかけられ警戒してた様子。

 

しかし、半崎の話を聴いてとても親身にサポートしてくれるようになり、この女性が教えてくれた吉祥寺のスターパインズカフェというライブハウスにデモ音源を持ち込み、半崎自らライブハウスのスタッフに交渉し、初めてのライブを行うこととなる。

 

この時ライブハウス自体がどういったところかも知らず、MDの音源を流して歌っていた。

 

この初ライブをきっかけに、様々なライブハウスにデモ音源を持ち込みライブを行ううちに、お客さんがつきはじめ、ライブハウスから出演依頼が来るようになった。

 

まだインターネットや携帯が普及していない時代で、情報の収集、発信が難しい時代ではあったものの、ライブ後に自主制作したCDを販売している内に全国流通するようにもなる。

 

その後、ライブハウスに出演し始めたころのように、一件一件自ら交渉し、ショッピングモールで歌い始めるようになる。これもライブハウスと同様に、活動を続けているうちにショッピングモールから出演依頼が来るようになり、CDをリリースするたびに、全国のショッピングモールを回るようになる。

 

今では、全国ツアーのファイナル公演を3年連続赤坂BLITZで行い、個人での開催にも関わらずソールドアウトとなっている。

 

ざっとまとめてみたのですが、赤坂BLITZでの3年連続でのツアーファイナル公演を行ったのが2014年~2016年の話なので、かなり下積み時代が長いことがうかがえますね(゜゜)
ちなみに「きよみっくす」という女性についてですが、本名は「小島紀代美」で編曲家として活動している方のようですね(^.^)

 

2017年にはメジャーデビューして1stミニアルバム「うた弁」をリリースしており、
このアルバムに収録されている「お弁当ばこのうた〜あなたへのお手紙〜」はNHKみんなのうたに選曲されています。
この頃から「ショッピングモールの歌姫」として様々なメディアに取り上げられているようですね(^^)

 

今回紹介する「明日への序奏」は半崎のメジャーデビューするまでの下積み時代17年間を
”序奏”、”助走”、”序章”と捉え、今も人生の助走を続ける人達に贈る”未来への賛歌”として書いた一曲。

 

長い下積みの努力を知ってこの曲を聴くと、一段と歌詞の内容が入ってきますし、第一声から聴き入ってしまう不思議な声もあいまって、聴いていてとても気持ちいい一曲ですね(^^)
聴いていて前向きな気持ちになれますし、落ち込んでいる時、挫折しそうな時に聴いたり、その他結婚式なんかで流してもいい曲なんじゃないかなと思います(*^。^*)

 

上記で紹介したプロフィールについて、HPでは最後に

私がこの世からいなくなっても、音楽が残り歌い継がれていくことを願っています。
自分の歌には自分自身より長生きしてほしい。

そして一番の望みは教科書に自分の歌が載ることです。

だからこそ時代も世代も越えて必要とされる作品を遺したい。

様々な方の人生に、涙に触れるたびに、思わぬ配色の歌が生まれ、
私自身の心の在り方も変わってきました。

人の心に寄り添いながら曲を紡ぐことをこれからも一番大切にしていきます。

半崎美子

半崎美子HPより引用

と締めくくられています。

 

まさに「明日への序奏」は将来教科書に載っていそうないい曲だと思いますし、卒業式なんかで歌うのにもいい曲だと思いますし幅広い場面で耳にするような曲になるかもしれませんね。
また、この曲は合唱曲をイメージして作られていてカップリングには合唱Ver.も収録されていますのでこちらも是非聴いてみて下さい(^^)

 

さて、今回は半崎美子の「明日への序奏」をご紹介しましたが、落ち込んでいる時や挫折しそうな時にこの曲を聴いてのり越えてもらえたらと思います!!

 

コメント