恐山アンナ(林原めぐみ) 恐山ル・ヴォワール 今日のおすすめ1曲 

スポンサーリンク

「恐山るぼわーる」とは?

「恐山ル・ヴォワール」は週刊少年ジャンプに掲載されていたマンガ「シャーマンキング」の主人公・朝倉葉と、許嫁となるヒロイン・恐山アンナの馴れ初めが描かれた過去回想エピソードのタイトル。

このエピソードの最後の場面で、葉と共にアンナを救うために戦った猫の精霊・マタムネが葉に遺した手紙に「恐山ル・ヴォワール」という言葉が使われている。

「ヴォワール」(仏:voir)は「会う」を意味し、隠語として「花嫁のヴェール」という意味もある。また、詩の最後にある「オ・ルヴォワール」(仏:au revoir)は「さよなら」を意味する。                     引用元:ウィキペディア

「恐山ル・ヴォワール」 歌詞

以下マタムネが葉に遺した手紙の全文

お前さんを待つ その人はきっと
寂しい思いなぞ させはしない
少なくとも 少なくともお前さんの会う その人はきっと
寂しい思いなぞ させはしない
少なくとも 少なくとも路上に捨てくされ やるせなさ
途上にふてくされ やる気なし
愛は出会い・別れ・透けた布キレ
恐山ル・ヴォワール黒い千羽鶴 その人はじっと
さびしい重い謎 かかえ夜
折れなくとも 折れなくとも黒い千羽鶴 その人はじっと
さびしい重い謎 かかえ昼
折れなくとも 折れなくとも

気丈にふるまえど ほころんで
無性にブロマイド 欲しくなり
愛は出会い・別れ・透けた布キレ
恐山ル・ヴォワール

齢千余年 小生はやっと
さびしい思いから はなれます
はかなくとも はかなくとも

弱いこの心 小生はやっと
さびしい重い殻 はがれます
墓なくとも 墓なくとも

衆生に長らえど せつなくて
賀正に出会えたら うれしくて
愛は出会い・別れ・透けた布キレ
恐山ル・ヴォワール

不肖の身なれども この度は
至上の喜びと ちりぬるを
非情に思われど 気にはせぬ
微笑のひとつでも くりゃりゃんせ

慕情にもならぬ この詩も
以上をもちまして 終わります

頭上に輝くは どの国ぞ
地蔵さまおわす あそこかな
愛は出会い・別れ・透けた布キレ
恐山ル・ヴォワール

恐山オー ル・ヴォワール

 

引用元:シャーマンキング 作者・武井宏之

当時中学生だったボカロP「かぴたろう」作曲

2010年3月この詞を元にボーカロイド・初音ミクをボーカルとして作曲したのが

当時中学生だった「かぴたろう」

その後もボカロPとして作曲活動を続けている。

二次創作品ではあるが、作者の武井宏之がこの曲を気に入り晴れて公認の曲となった。

 

アニメで恐山アンナの声優を務めた林原めぐみ本人がカヴァー

シャーマンキングアニメ化から10周年を迎える2011年の10月

アニメでアンナの声優を務めた林原めぐみ本人が「恐山ル・ヴォワール」をカヴァーした動画がニコニコ動画にアップされた。

これは以前から親交のあった武井宏之が直々に林原めぐみに依頼したことがきっかけだったとのこと。

当時の林原めぐみの手記

 

同時期にジャンプ改で短期連載でシャーマンキングの主要キャラの過去を描いた

「シャーマンキング0-ZERO-」が掲載。

その後

2012年(平成24年)5月から「シャーマンキングFLOWERS(フラワーズ)」の連載がスタート

主人公は葉とアンナの子供、朝倉花

スポンサーリンク

2018年 林原めぐみのCDに収録

「恐山ル・ヴォワール」は2011年にジャンプ改の抽選での500枚限定のCDプレゼント企画以来、長らく音源化されていなかったが、林原めぐみの配信限定アルバム(2017年リリース)とオリジナルアルバム『Fifty〜Fifty』(2018年3月リリース)にて再収録されている。

 

『Fifty〜Fifty』に収録されている「恐山ル・ヴォワール」は

琴と笛の音は生の音で再収録されているとのことです。

【琴と笛に大きな役割を担わせた「恐山ル・ヴォワール」】ナタリー記事

 

林原めぐみ自身のブログでも少し「恐山ル・ヴォワール」についてふれています

林原めぐみオフィシャルブログ

 

『Fifty〜Fifty』には「恐山ル・ヴォワール」の他

「エヴァンゲリオン」関係の曲や、「昭和元禄落語心中」の曲で椎名林檎からの楽曲提供を受けた『薄ら氷心中』なども収録されています。

 

created by Rinker
¥2,364(2019/06/20 01:06:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,154(2019/06/20 01:06:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメント